日本アロマメンズエステティックアカデミー理事長三浦京子、独立・開業コラム

プレサンティールな日々がスタート

エステで独立開業・・・
『独立ってリスクが高いんじゃないか。』
『そもそもどうやって開業するのかわからない。』
『経営する為の知識はどこで勉強するの?』
『個人サロンと店舗ってノウハウが違うの?』
私も初めは全くわかりませんでした。
そんな私でも独立・開業から10年が過ぎ
今日も充実してエステサロンを経営しています。
そして後世への伝達とメンズエステ業界の発展を願って
独立・開業支援スクールを開校致しました。

————————-

 

私は2004年12月にリラクゼーションサロン『プレサンティール』を東京日本橋にオープンしました。

HPは兄に作ってもらいました。

 

当時、男性が気軽に入れるエステサロンは数少なく、また、私の様にマンションの一室で男性可能なサロンは知っている限りでは1店舗のみでした。

HPをつくり、ブログ(当時は日記の無料ソフトを使用しHPでUPしていました)

2004年12月オープンです!とオープン前に日記に書き、予約を待ちました。

すると、オープン前に予約フォームから予約が入り、なんとかオープン日から数名接客してスタート出来たのです。

 

既に掲示板で新店舗の話題が出ていたのです。

そして興味を持った方が「どんなお店なんだろう」と予約をして下さる。。

 

お互いが手探りでスタートした感じでした。

 

27歳の私は「何かアドバイスはございませんでしょうか。」とお客様に聞きまくりました。

男性が求めるサロンが分からなかったから。

 

ボディソープは無香料が良い。

メニューはシンプルが良い。

説明時間がなるべく短く、とにかく施術時間を長めに。

アロマの効能は分からないけど、柑橘系なら受け入れ易い。

普通の強さだと「ただ撫でられているだけ」とやられた気がしない。

 

いろいろアドバイスを頂き、2ヶ月間くらいでしょうか、、

お客様からOKが出るまでみんなでプレサンティールを作って頂いた感じです。

 

当時、純粋にお客様の言葉に耳を傾け、「また来たいと思うサロンにしたいのです!」という熱い想いをストレートにぶつけてくる私に、皆さんは力を貸してくれたのだと思います。

_MG_0341

 

毎日が緊張と、毎日が幸せな、私のプレサンティールの日々がスタートしたのです。

 

 

———————————

エステ業界の【独立 開業】支援
日本アロマメンズエステティック協会
理事長 三浦 京子

 

 

PAGE TOP